Skip to content
日本語

2024年のサイバーセキュリティはNISTフレームワーク2.0を指標に

最新のNISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0が、企業が今後の脅威に対処するためにどのように寄与するか解説します

NISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0の進化

2024年2月26日にNISTはサイバーセキュリティフレームワーク2.0をリリースしました。2018年以来、常に変化するサイバーセキュリティの背景に合わせて重要なアップデートが行われてきたNISTですが、これらのアップデートは、企業が新たに出現する脅威に対処し、昨今ますます複雑化しているサイバーセキュリティの指標とするために導入されてきました。

このフレームワークは、新しい戦略やベストプラクティスを取り入れて進化し、重要なインフラストラクチャを超えたより広範な適用性を持つようになりました。これにより、さまざまなセクター、異なるサイズとサイバーセキュリティ成熟度レベルの組織が、その指針から利益を得ることが可能となりました。

技術の急速な進歩とサイバー脅威の高度化に伴い、NISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0は組織が特定のニーズに合わせてサイバーセキュリティの取り組みを調整し、リスクを効果的に軽減し、貴重な資産を保護できるようにする柔軟性を提供してくれます。


【NIST特徴1: 適応範囲】重要インフラ以外のセクターへの広範な適用性

NISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0の主要なアップデートの一つは、さまざまなセクターへの適用範囲の拡大です。当初は重要インフラのために設計されましたが、現在ではすべてのセクターの組織に対応するよう拡張されています。

この拡張は、業界に関係なく、すべてのビジネスにとってサイバーセキュリティが懸念事項であることを示しています。医療、金融、製造業、その他のセクターであっても、組織はこのフレームワークを利用してサイバーセキュリティの姿勢を強化し、新たに出現する脅威への対策を行う事ができます。

さらに、フレームワークは、組織のサイズやサイバーセキュリティの成熟度レベルの違いを考慮しています。それは異なるビジネスのユニークなニーズとリソースに合わせてカスタマイズ可能なスケーラブルな指針を提供します。これにより、リソースが限られた小規模な組織でも、効果的なサイバーセキュリティ慣行を採用し、デジタル資産を保護することができます。


【NIST特徴1: 経営管理】”経営”機能のエンタープライズリスク管理への統合

NIST 2

NISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0の実装と継続的な使用を容易にするために、NISTは多くの新リソースを導入しました。これらのリソースは、組織がサイバーセキュリティの複雑さをナビゲートし、フレームワークを効果的に活用するためのサポートを提供するように設計されています。

そのようなリソースの一つがクイックスタートガイドで、組織にフレームワークの主要コンポーネントとその実装方法について、実用的で簡潔な概要を提供します。これらのガイドは、フレームワークを採用し、サイバーセキュリティの慣行を強化したい組織にとって貴重な出発点となります。

クイックスタートガイドに加えて、NISTは幅広いツール、事例研究、ベストプラクティスを収容する包括的なオンラインリポジトリも開発しました。このリポジトリは、サイバーセキュリティを強化しようとする組織にとって貴重な情報源とガイダンスを提供します。

これらのリソースを提供することにより、NISTは組織がフレームワークを効果的に実装し、その利点を最大限に活用することを目指しています。これらのリソースは、ビジネスが2024年のサイバーセキュリティの複雑さをナビゲートし、ランサムウェアやサプライチェーン攻撃のような進化する脅威に先んじるのに役立ちます。


実装と継続的な使用のための新リソース

規制の増加と実務における堅牢なサイバーセキュリティ対策の必要性を考えると、更新されたNISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0を採用することは、ビジネスにとって重要な戦略です。

CSF-Infographic-noarrows FINAL-1

サイバーセキュリティに関する規制要件はより厳格になりつつあり、企業は講じているサイバーセキュリティ対策が効果的か、ますます厳しい監視下に置かれます。NISTフレームワークを採用することで、ビジネスはサイバーセキュリティへのコミットメントを示し、これらの規制要件を満たすことができます。

さらに企業は、進化する脅威自体により、サイバーセキュリティに対する積極的かつ適応的なアプローチを迫られています。NISTフレームワークは、組織にサイバーセキュリティに対する構造化された包括的なアプローチを提供し、効果的にリスクを特定、評価、軽減することを可能にします。フレームワークを採用することで、ビジネスはサイバーセキュリティ姿勢を強化し、新たに出現する脅威から自身をより良い形で保護することができます。

 

最新のフレームワークを採用する戦略的重要性

増加する規制と堅牢なサイバーセキュリティ対策の必要性を踏まえ、最新のNISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0を採用することは、ビジネスにとって戦略的に重要です。

全体として、NISTサイバーセキュリティフレームワーク2.0は、企業が昨今の複雑化したサイバーセキュリティに順応するために必要なツールと指標を提供します。そうする事で、すべてのサイズとセクターの組織がサイバーセキュリティの慣行を強化し、サイバーセキュリティをエンタープライズリスク管理に統合、新たに出現する脅威に先んじることが可能となります。

サイバーセキュリティ対策やNISTフレームワーク導入に関してご相談、ご不明な点がございましたらぜひ下記からお問い合わせください。

お問い合わせ:

https://gftd.co.jp/contact